ダイエットで痩せにくい

ダイエットをしても痩せにくい原因とは?

ダイエットをしても痩せにくいイメージ図

ダイエットをしても全然痩せない、痩せにくい人というのおいると思います。

 

なかなか痩せにくいには、それなりに原因があります。どうしても痩せれない場合には、ダイエットをしても痩せにくい原因を知って、対策をすると痩せやすくなる可能性が高くなると思います。

 

 

ダイエットをして痩せにくい人の共通点とは?

色々なダイエットをしているが、なかなか痩せない場合には、下記のような点を注意してみると良いです。

ダイエットをしているのに痩せにくい人の共通点としては、

  • 基礎代謝が低下した・冷え症
  • 適切な運動が出来ていない
  • 間食を摂り過ぎている
  • 水分が足りない
  • 食事の栄養バランスが悪い
  • 酵素が不足している
  • 食事の仕方が問題

などのようなことが原因で、痩せにくいようになっている場合があります。

 

それぞれの詳細は、下記で紹介します。

 

 

基礎代謝が低下した・体温が低い

年齢と共に、どうしても人間は基礎代謝が低下していきます。この為、若い時と同じようなダイエットをしていても思ったように痩せない場合があります。この為、年齢を意識して食事と運動のバランスをとったダイエットが大切です。

 

また、基礎代謝が落ちている場合には、少しでも基礎代謝を高める為に、筋トレをしたり、体幹を鍛えたりと言ったように筋肉量を増やして基礎代謝をアップするのが良いです。

 

基礎代謝が低い人は体温が低いです。体温を上げると基礎代謝も上がるので、体を暖める食べ物を積極的に食べたり、厚着をして体を冷やさないように注意すると良いです。

 

 

適切な運動が出来ていない

ダイエットの方法として、運動は大切です。しかし、運動が大切と言うことで、ちょこちょこ運動をするというのではダイエット効果が期待できない場合があります。

 

運動をしてお腹の脂肪を燃焼させたい場合には、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を継続して20分以上行う必要があります。継続して運動をしてこそ、脂肪の燃焼が始まります。

 

また、運動としては、有酸素運動以外にも筋トレをして筋肉量を増やすことによって基礎代謝をアップすると言った方法も効果的です。

 

上記のような有酸素運動での脂肪の燃焼、筋トレでの筋肉量の増加と言ったような場合以外、あまり意味のない運動をしていてもダイエット効果が期待できない場合があります。

 

 

間食を摂り過ぎている

いくら運動したとしても、間食を摂り過ぎるとダイエットは難しいです。間食でカロリーを摂り過ぎるといくら運動をしても痩せるのは難しいです。

 

 

水分が足りない

水分をしっかりと取ると、代謝が良くなります。代謝が良くなるとダイエットも効果が出やすくなります。もしも、水分量が少ない場合には、水分量を増やすと痩せる可能性があります。

 

 

食事の栄養バランスが悪い

食事を摂る場合には、栄養バランスが大切です。特に、体内の代謝を良くする為には、ビタミンやミネラルが必要です。もしも、ビタミンやミネラルが不足すると代謝が下がるので、ダイエットをしても結果が出にくくなります。

 

この為、ビタミンやミネラルを意識した食事を意識する必要があります。

 

 

酵素が不足している

人間の体内では、基礎代謝や消化をする為に、酵素が必要です。この酵素は、年齢の経過とともに減少します。酵素は、基本的に基礎代謝に使われてから、消化の方に使われます。

 

このような酵素量が減ると代謝も悪くなるので太りやすくなります。ダイエットをする場合には、酵素を補ったり、基礎代謝を上げるのが大切です。

 

 

食事の仕方が問題

ダイエットをしている時には、食事の仕方も大切です。食事をする場合には、まずは、野菜や果物から食べることで、余分な脂質や糖質を食物繊維が便として排出することが出来ます。また、野菜を最初に食べると血糖値を上げるのを抑えることが出来るので、脂肪を付きにくくする効果があります。

 

また、早食いをする人は太りやすくなります。食事をする時は、1口で20回、30回とシッカリと噛むと、満腹中枢が働き、ついつい食べ過ぎるのを防ぐことが出来ます。

 

 

ダイエットで痩せにくい場合のまとめ

ダイエットをしても痩せにくい場合には、上記で紹介したような点をチェックして、痩せる為に必要なダイエット方法を行いつつ、上記の点をキチンと意識すると、効果的に痩せにくくなります。

 

 

>>>食事を気にせずダイエットをしたいなら…